凍結口座解除に必要な書類【銀行別まとめ】


 

凍結された銀行口座を解除するには多くの書類を必要とします。

各銀行共通する必要書類から、銀行ごとに必要な書類をまとめております。

 

 基本必要書類

 最初に銀行での相続手続きで使う書類と取得方法をまとめます。

 

①相続届(相続手続き依頼書)

入手先 各銀行にて入手
使用方法 相続人全員の署名・捺印をして提出
注意点 印鑑証明書と必ず同じ字体で記入する必要がある

※この書類は各銀行で必ず必要になる書類です。家族の死去の報告をする際に合わせて請求する事ができます。

 

②亡くなった方の戸籍謄本

入手先 亡くなった方の本籍のある市町村役場
注意点

出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要

つまり転籍していた場合、他の市町村役場にも請求

※法務局の発行する認証文付きの法定相続情報一覧図の写しがある場合はこの戸籍謄本は不要です。

※原本が必要な事が多い為、銀行数は最低発行しておく

 

③相続人全員の戸籍謄本

入手先 各相続人の本籍のある市町村役場

注意点

兄弟姉妹・甥っ子が相続人の時は少し変わるので要確認。

※法務局の発行する認証文付きの法定相続情報一覧図の写しがある場合はこの戸籍謄本は不要です。

※原本が必要な事が多い為、銀行数は最低発行しておく

 

④印鑑証明書

入手先 各相続人の住民票のおく市町村役場
注意点 発行日より6ヵ月以内のもの

※遺言がある場合以外は相続人全員分が必要

※原本が必要な事が多い為、銀行数は最低発行しておく

 

⑤実印・通帳・カード類

入手先 本人が保管していた場所
注意点 紛失している場合は窓口にて届出
※貸金庫の鍵がある場合は一緒に提出

 

 

以上5点は銀行口座の凍結解除には、ほぼ必ず必要になる書類です。

勿論銀行ごとに変わる場合はあるので要確認ですが、

この記事では銀行別の必要書類もまとめております。

 

◆効率的な前半手続きまでの流れ

 

まず、相続人の一人が代表して戸籍謄本・印鑑証明集めを行う場合は委任状が必要となります。

そこを念頭に置き、手続きを始めます。

予め委任状を貰っておくと非常に効率的に進みます。

 

①の相続依頼書を発行してもらう際に

「戸籍謄本・印鑑証明書はコピーで良いか」

を銀行毎に確認し、すぐに市町村役場に必要な枚数を発行依頼します。

これだけでもかなりの時短になります。

 

 銀行別必要書類確認

 

三菱東京UFJ銀行預金相続手続き必要書類

三井住友銀行預金相続手続き必要書類
みずほ銀行預金相続手続き必要書類
ゆうちょ銀行預金相続手続き必要書類