ゆうちょ銀行の預金相続手続きに必要な書類と流れ

 

もくじ

1.相続発生の申し出

2.必要書類案内を受け取り、書類準備

3.必要書類の提出・払い戻し

 

 

 

相続発生の申し出

 

ゆうちょ銀行では、窓口に直接行き相続手続きを開始します。

 

ゆうちょ銀行窓口にて、

「相続確認票」を受け取り

 

 

相続確認票にチェックを付け提出

 

後日、必要書類案内書が自宅に届く

そこに記されている書類を郵便局へ持っていく。

 

と言う流れになっています。

必要書類は窓口で貰うか、下記リンクから印刷もできます

 

相続確認票

相続確認票の記載例

 

 

ゆうちょ銀行必要書類

 

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類

法定相続人全員の戸籍の謄本類

貯金等相続手続請求書(ゆうちょ指定用紙)

法定相続人全員の印鑑証明書

遺産分割協議書or遺言書があれば

通帳・カード類

代表者の身分証明書

 

ゆうちょはWEBで簡単に必要書類がわかる

 

 

1.被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類

 

こちらの書類はどの銀行の相続手続きでも使用しますので、必須となってきます。

法務局で発行する法定相続情報一覧図があれば代用ができます。

 

戸籍謄本類と言うのも、亡くなった人にはいくつかの除籍謄本や改正原戸籍なども有ることが多いです。

それらを全て抜け目なく取り寄せる必要がありますので注意が必要です。

 

 

2.法定相続人全員の戸籍の謄本類

 

この書類もどの銀行の相続手続きでも大体使用します。

なのであらかじめ相続手続きに必要な銀行数の取寄せをしておくと便利です。

 

 

3.貯金等相続手続請求書(ゆうちょ指定用紙)

 

この請求書では、相続人全員の署名・捺印が必要になります。

もし遺産分割協議書が無い場合でも、

この請求書が遺産分割協議書の実質変わりになる位、細かく記入します。

 

 

4.法定相続人全員の印鑑証明書

 

貯金など相続手続き請求書に押した印鑑の証明書が必要になります。

勿論、遺産分割協議書がある場合も印鑑を押しているはずですので、

印鑑証明されている印鑑を使いましょう。

 

 

5.遺産分割協議書or遺言書があれば提出

 

自筆証書or秘密証書の場合は検認済証明書も必要

※検認済証明書は家庭裁判所にて手続き

 

 

6.通帳・カード類

 

※紛失している場合は貯金等相続手続請求書の喪失欄にチェックを付けるだけです。

 紛失していると言っても特別必要な書類等はありません。

 

 

7.代表者の身分証明書

 

免許証などがあれば結構です。

 

 

◆ゆうちょはWEBで必要書類がわかる◆

 

じつはゆうちょ銀行では、WEBやアプリで質問通りに入力していくことで、それぞれの状況に合わせた必要書類がわかるサービスがあります。

 

こちらのページで入力ができます。

相続シュミレーション

(ページに飛んで下の方に利用するボタンがあります)

 

 

提出・払い戻し

 

これらが全て整い、提出してから約2週間弱で払い戻しが完了されます。

ゆうちょ銀行の場合は大体手続きが始まってから払い戻されるまで1ヶ月程有します。

慣れていない方ですと2ヵ月位は見ておいた方がよさそうです。