【行政書士が教える】戸籍を出生から死亡まで集める方法

 

戸籍を出生から死亡まで集める場面とは、殆どが相続手続きの場面です。

 

 

戸籍には、その人の出生から死亡までの間の親子関係・婚姻・養親子・後見に関する情報が記されています。

戸籍は本籍地ごとに管理されていますので、本籍地へ請求します。

 

そして多くの方が、引っ越しや、転勤などで生前に何度か本籍地を移しています。

本籍地が変わるとどうなるでしょう?

 

 

本籍地を違う市町村に移すと、元々そこにあった戸籍には『除籍』と記載されます

そして新しい地の戸籍ができ、そこには一つ前の本籍地が記載されています。

なのでその一つ前の本籍地に戸籍謄本を請求していきます。

その戸籍謄本に、また一つ前の本籍地が書かれていたらそこへ請求します。

その作業を1つ1つ繰り返していき、出生まで辿り着くのです。

 

 

出生まで遡るとは

 

戸籍の種類

 ・戸籍謄本

 ・除籍謄本

 ・戸籍妙本

 ・戸籍の附票

 ・戸籍の除票

 ・改正原戸籍

 

相続人調査で集める戸籍種類と集め方

 ①被相続人の戸籍を揃える

 ②相続人の範囲を絞り込む

 ③相続人の戸籍を集める

 

相続手続きでは、家族関係を全て証明して行わなければなりません。

・親子関係は?

・兄妹は居るか?

等を確認していくのです。

 

なので死亡した日から出生までを一連して確認できるようにして、事実を証明します。

 


戸籍を出生までさかのぼる

 

亡くなった方の親が筆頭者となっている戸籍まで遡ること

 

人は生まれると一番初めは親の戸籍に入ってますので、親が筆頭者となっている戸籍にたどり着くまで請求を繰り返しましょう。

 

 

 

戸籍の種類

 

 

戸籍謄本

 

戸籍謄本(現在戸籍・全部事項証明書と呼ぶこともある)

名前・性別・生年月日、出生、転籍や分籍、婚姻や離婚、養子縁組等が記載されていて、

家族構成は戸籍に載っている全員分の情報が記載されていて、国民の身分関係を登録、証明することができる書類です。

 

 

除籍謄本

 

戸籍謄本の全ての方が除籍となって誰もいなくなった戸籍

 

戸籍謄本は、世帯単位ではなく夫婦とその未婚の子供達で作られます。

 

戸籍謄本に載っている方はその戸籍謄本に一生記載され続けるのではなく、婚姻や離婚によって除籍となり、他の戸籍へ移ることになります。

また、死亡によっても戸籍謄本に載っている方は「除籍」となります。

 

1つの戸籍からどんどん抜けていき、最終的に全員が除籍されて誰もいなくなった戸籍の事を除籍謄本と呼びます。

 

相続手続きで銀行口座の凍結を解除する際など、窓口の人から「除籍謄本をとってきてください」と言われることが多いですが、除籍謄本とは全員が居なくなった戸籍の事を指しますので、まず亡くなった人の戸籍が除籍謄本になっているとは限りませんよね?

 

つまり相続手続きで「除籍謄本」と言われた時は、死亡して除籍となった旨が記載されている戸籍謄本を取得すれば良いです。

 

 

戸籍妙本

 

戸籍妙本(個人事項証明書と呼ぶこともある)

戸籍妙本は戸籍に2人以上記載されている場合に、そのうちの一人だけの個人情報が載った戸籍です。

戸籍に載っている他の人の個人情報を配慮した内容となっています。

 

 

戸籍の附票

 

戸籍に在籍している人の住所の異動が記録されたものです。

戸籍謄本とセットで管理されていて、必要であれば附票も一緒に請求するという流れです。

どんな時に必要か?は他の記事で書いてゆきます。

 

記録される期間は、その戸籍に本籍がある期間です。

その為、結婚などによって戸籍が変わった場合、新しい戸籍と共に新たに記録されることになります。

 

 

戸籍の除票

 

「除籍謄本」

戸籍謄本の全ての方が除籍となって誰もいなくなった戸籍

 

「戸籍の附票」

戸籍に在籍している人の住所の異動が記録されたものです。

 

除票とは、除籍謄本にくっついている附票の事です。

つまり戸籍謄本からみんなが抜けて除籍謄本になると、

くっついていた附票が除票に変わるのです。

 

 

改正原戸籍

 

戸籍は戸籍法と言うものがあり、戸籍法が改正されると、今まで存在していた戸籍は改製原戸籍と言うものに変わり、新しい戸籍が再度出来上がる。

 

何故相続で原戸籍を取得しないといけないのか?

それは、例えば、父・母・子1人の家庭があったとする。

父母が離婚し、子供が母親についていった。

 

そうすると父母の戸籍には離婚歴が記録される。いわゆる『×』ってやつだ。

子どもの戸籍にもバツがわかるようになっている。

 

実は衝撃の事実なのだが、もしその後に戸籍法が改正されると、その離婚歴が消えるのだ。

そして新しい戸籍がつくりなおされる。

今までの離婚歴が記載された戸籍はコピーがとられ、これが原戸籍(改正原戸籍)だ。

 

もし父親が新しい家庭を築いた後、死亡し、相続が発生すると、全ての相続人を確定させなければいけない。

 

そしてその相続人の一人は、別れた妻との間にできた子供である。

しかし原戸籍を取得していないと、その子供の名前を見落としてしまうことになるのだ。

 

もし原戸籍を取得せず、遺産分割協議などが終わり相続手続きも終了させてしまうとしよう。

その後、もし分かれた妻の子供が相続人として見つかったら、その遺産分割協議は無効となってしまうのだ。

やり直しである。

 

だからこそ、改正原戸籍は必ず取得しておくべきである。

 

 

 

相続人調査で集める戸籍種類と集め方

 

 

1.【被相続人の戸籍を揃える】

 

①.死亡の旨の記載がある戸籍謄本

②.亡くなった人の親が筆頭となっている戸籍謄本

③.①~②までの間に転籍していれば各謄本

④.①~③の改正原戸籍

 

上記①~③の戸籍謄本を請求する際に、必要書類請求書を必ず書くので、請求する際は改正原戸籍にもチェックを付けて請求する。

 

とりあえず全ての請求段階で戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍の3つにチェックを付けて請求して

概要欄等に「相続作業で使うため」と書いておけば間違いはない

 

 

2.【相続人の範囲を絞り込む】

 

つまり相続人を確定させます。

死んだ人の戸籍を出生まで遡ると、相続人が確定しているはずです。

 

亡くなった人の配偶者が居たら、必ず相続人になります。

その他の相続人としては以下の通りです

 

第一順位 子供(直系卑属)・養子
第二順位 親(直系尊属)・戸籍上の養親
第三順位 兄弟姉妹

 

※第一順位の補足

 

子供が死亡している時は、孫の代襲相続が発生し第一順位となります。

養子縁組をした後に生まれた養子の子供も、代襲相続が可能になります。

 

 

パターン別法定相続人

 

・親・養親

(直系尊属)

配偶者

子・孫・養子

(直系卑属)

兄弟姉妹 相続人
配偶者+子供
× 配偶者+親
× × 配偶者+兄弟姉妹
× 子供
× ×
× × × 兄弟姉妹

 

〇生きている ×亡くなっている

※子供が死んでいる時は孫が代襲相続します。

 

 

上の表を参考にしてもらうと、相続人を確定する事ができますので、

相続人がわかれば、必要な戸籍を集めていきます。

 

 

 

3.【相続人の戸籍を集める】

 

被相続人との関係がわかる戸籍謄本

 

2で確定させた相続人の戸籍を集めていきます。

 

それぞれの相続人に上記の戸籍を取り寄せてもらう。

もしくは委任状を貰い代理して集めていきます。

 

続きはこちらの記事でも、戸籍の取寄せ方などを丁寧に説明していますのでご覧ください。

 

【説明書】行政書士が教える戸籍謄本の取り方