生命保険の保険金はいくらまで非課税か?

生命保険で受け取れる死亡保険金には税金がかかってきます。

 

生命保険の死亡保険金はみなし相続財産として相続税の対象なのですが、やはり家族の生活を守るためのお金なので、さすがに日本も鬼ではないよと言うことで、非課税枠が設けられています。

 

 

【非課税枠】

500万円×法定相続人の数は非課税です

 

非課税枠の計算式

死亡保険金の非課税枠=500万円×法定相続人の数

 

 

法定相続人とは、配偶者・子供と言うのが鉄板ですね。

独身の場合だと親や兄弟姉妹が相続人です。

 

 

 

相続税の中でも生命保険の非課税枠以外に基礎控除と言うものがあります。

 

基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人数

例えば相続人に配偶者と子供が一人いるとしたら、合計4800万円の基礎控除枠があると言う事ですね。

 

 

 

この基礎控除とは別に生命保険を利用した相続税対策ができます。

 

 

相続税の制度は、被相続人の死亡が原因で、死後3年以内に受け取った財産は、相続財産とみなされることになります。

生命保険は本来民法上だと保険金受取人固有の権利になるから相続財産には含まれない筈なのに、税制上では保険金は相続税の課税対象になります。

 

 

 

ですが、生命保険には先程記載したように控除が認められます。

 

そう、500万×相続人の人数です。

 

 

 

ただ、生命保険のかけ方に注意する必要があります。

 

例えば死亡保険金をかけていたとしても、契約者・被保険者・受取人を誰にするかでかかってくる税金が全然違います。

 

 

例えば契約者が相続人(夫)

被保険者が死亡した(妻)

受取人が契約した夫本人。

 

これだと受け取った死亡保険金は相続人の所得となります。

よって所得税・住民税までかかってしまいますので注意です。

 

それにしても…

所得って、なんか人死んで金もうけしてるみたいな言い方ですよね^^;

 

 

 

次にこれだと何税が課せられるでしょうか。

 

契約者が(夫)

被保険者が(妻)

受取人が夫婦の子供

 

はい、これだとお父さんから子供へ財産を贈与したと言う形になりますので、沢山の税が課せられる贈与税が発生します。

注意したいところです。

 

 

なので、必ず契約者と被相続人が同じである必要があります。