鉄道の人身事故、損害賠償が発生?遺族の手段は相続放棄のみ?

 

 

黄色い線の内側にお下がりくださ~い!!!

スマホから目を離して乗車くださ~い!

 

これ守らないで事故に遭って死んだら、

 

 

家族は損害賠償請求されて相続放棄をしなければいけい場合もありますよ。

 

鉄道人身事故にも色々な種類があります。

 

民法709条では「故意又は過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」とあります。

 

重要な事は、故意・又は過失

 

故意:わざと

過失:不注意

 

と、一旦とらえて頂いて話をしていきます。

 

飛び込み自殺の場合は、故意(わざと)に当たりますね。

なので、損害を賠償する責任が出てきます。

 

 

ただし認知症の診断を受けている人が飛び込んだ場合などでは、わざとに当たらないことがある。等の判例も出ていますので注意です。

 

では、突き落とされた場合は?

これは、突き落とす方が悪いのは当たり前ですが、もし過失があった場合は、突き落とされた方も責任を負うことがあります。

 

例えば?

 

黄色い線の内側にお下がりくださ~い!!!

 

おそらく、通勤通学で鉄道を使っている方なら150%聞いたことありますよね?毎日聞きますよね?

駅員さんたまに怒って言ってますよね?

 

なのに、黄色い線の内側に立っていて、突き落とされたらそれはその落ちた方にも過失があります。

 

 

スマホから目を離して乗車くださ~~い!!

 

なのにスマホのインスタに夢中になって乗って事故に遭って怪我しても、損害賠償請求されるかもしれません。

 

 

じゃあ鉄道会社が言う損害って何?という話から。

 

 

・もし鉄道の車体に傷を付けたり、緊急停止をして、ブレーキをかけると、その非常ブレーキは新しいものに取り換えないといけません。そのお金がかかります!

 

 

・皆さんもご存知の通り、人身事故が起きたら振り替え輸送が発生する事がありますよね?バス代、タクシー代が出る事もあります。そのお金は鉄道会社が払いますから損害です。

 

 

・特急が遅れてしまい特急じゃなくなり、払い戻しをしたらそのお金もかかります。

 

 

・人身事故が起きるとすぐにかたずけるため、沢山の人出を動員します。その余分にかかった人件費も損害になります。

 

 

これをトータルすると、軽く数千万円になるわけですね。

じゃあ誰がその責任に問われるか?

 

勿論、死んだ人です。

その人が悪いですから。

でも、払えませんよね…

 

その人が負った損害賠償も、これは相続財産となり、相続の対象となります。

飛び込んだ人に子供が居たら子供に行きますし、親が居たら親に行きます。

 

 

いきなり、-数千万円を背負うことになります。

+数千万の財産ならば喜んで背負いますが、-は一瞬で人生が狂います。たまったもんじゃありません。

 

なので、相続放棄をすることになるのです。

 

 

まあ、鉄道会社も鬼じゃないので、払えない遺族に払うのは無理と分かっているので、数万から数十万の示談で終わることが多いみたいです。